MENU
もちっこ
もち肌を目指す30代女
◇ゆるグリセリンフリー歴2年ちょっと
◇就活の時期にたまたま受けた肌診断で、二度見されるほどひどい数値を叩き出す
◆グリセリンフリーに出会い肌トラブルが改善
◇ゆるグリセリンフリーをしながらもち肌の探求を続けている

・日本化粧品検定 1級
・化粧品成分上級スペシャリスト
・薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 109(78)

ユンス(Yunth)のビタミンC美容液でピリピリするのはなぜ?理由を考察&実際の使用感をレビュー

「ユンス(Yunth)のビタミンC美容液でピリピリするのはなぜ?理由を調査&実際の使用感もレビュー」記事のアイキャッチ画像

セール情報

  • 楽天市場 お買い物マラソン【5/23木)20:00~5/27(月)1:59】
  • 【予告】Amazon スマイルSALE 【5/31(金)9:00~6/3(月)23:59】

※当ブログの記事は広告、PRを含みます

SNSでよく紹介されているユンス(Yunth)ビタミンC美容液。

個包装で可愛いピンクのパッケージが人気ですよね。

ユンス(Yunth)のビタミンC美容液についての口コミやSNSの投稿を見ると、もちろん良い意見の方が多いのですが

  • ピリピリする
  • 肌荒れしてしまった

などの、残念ながらあまり合わなかったという投稿も。

当記事では、なぜユンスのビタミンC美容液でピリピリするの?という疑問について調査&実際に使ってレビューしました。

この記事でわかること
  • ユンス(Yunth)のビタミンC美容液でピリピリする理由
  • ユンス(Yunth)のビタミンC美容液を実際に使ってみたレビュー

※当記事に掲載している情報は、記事執筆(更新)時点のものです。

ページ右下の「目次を表示」をタップで記事の途中でも目次に飛べますと書かれた画像(PC用)
ページ右下の「目次を表示」をタップで記事の途中でも目次に飛べますと書かれた画像(スマートフォン用)
タップできる目次

ユンスのビタミンC美容液でピリピリするのはなぜ?

ユンスのビタミンC美容液のパッケージとパウチを前から撮った写真

ビタミンC(アスコルビン酸)でピリピリしている可能性

ビタミンC(アスコルビン酸)とビタミンC誘導体の違い

ビタミンCでピリピリするという意見は、ユンスのビタミンC美容液に限らず色んなビタミンCのスキンケア商品で見かけます。

そこで他のビタミンC商品の口コミや成分を調べてみると

高濃度のビタミンC(アスコルビン酸)を配合

している場合に、ピリピリした刺激を感じている人が多い印象でした。

スキンケア商品に配合されているビタミンCには、大きく分けると

  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ビタミンC誘導体

の2種類あります。

ビタミンCをアスコルビン酸とビタミンC誘導体に分類した図
ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ピュアビタミンC・即効型ビタミンCとよばれることもある成分
  • そのまま100%ビタミンCなので素早く効果を発揮できる
  • 比較的刺激が出やすい
  • 安定性が低く光や熱、酸素などに弱い
ビタミンC誘導体
  • ピュアビタミンCの弱点を補うため、他の成分をくっつけて安定性を高めた成分
  • ビタミンC誘導体は、お肌の酵素で分解されてからじわじわビタミンCとしてはたらく(※一部例外もあり)
  • ビタミンC(アスコルビン酸)と比べるとマイルドな使い心地の成分が多い
  • ビタミンC含有率がピュアビタミンCと比べると低い

ユンスのビタミンC美容液に配合されているのはビタミンC(アスコルビン酸)。

ユンス(Yunth)生ビタミンC美白美容液の全成分

【有効成分】アスコルビン酸

【その他の成分】プロピレングリコール

ビタミンC(アスコルビン酸)は

お肌に塗ると素早くビタミンCとして効果を発揮するけど、刺激も比較的強め

という特徴があります。

ビタミンC(アスコルビン酸)美容液でピリピリした刺激を感じる理由は?

ひよこ

どうしてビタミンC美容液で刺激が起きるの?

もちっこ

理由はいくつか考えられます

たとえば

  • ビタミンC(アスコルビン酸)の酸化還元作用
  • ビタミンC(アスコルビン酸)製品のpHによる影響
  • 水をまったく配合していない・多価アルコールメインのビタミンC美容液をお肌に塗ると水和熱(じんわりあったかくなる)が起きることがある
  • ビタミンC(アスコルビン酸)以外の配合成分刺激になっている

などです。

ビタミンCには、酸化することで他の物質を還元する作用があり、この酸化によってピリピリとした痛みを感じることがあるのです。

ダリア銀座スキンクリニック「ゼオスキンシーセラムが痛い理由」より抜粋

アスコルビン酸1.0mgを水20mLに溶かした液のpHは2.2~2.5になります。

KEGG – 医療用医薬品 : アスコルビン酸 (アスコルビン酸注射液100mg「ツルハラ」)

ただ実際にユンスのビタミンC美容液のpHを測ってみると、pHは5~6で弱酸性のようです

(簡易版だけど、弱アルカリ性のせっけんをつけたらちゃんと色が変わったので目安にはなると思います。)

ユンス美容液のpHを測定した写真

お肌と同じくらいの弱酸性とすると、ユンス美容液の場合pHはピリピリの理由になりにくそうです。


ユンス美容液をお肌に塗るとにじんわりあったかくなるのは、多価アルコールが水と反応した時に起きる「水和熱」によるもの。

化粧品における水和熱とは?
  • 多価アルコール(グリセリン・プロピレングリコールなど)が水と反応した時に起きる温感のこと
もちっこ

グリセリンの水和熱を利用した温感クレンジングやジェルはよく見かけます

ユンスの美容液には水が1滴も配合されておらず、ビタミンC(アスコルビン酸)とプロピレングリコール(PG)だけなので、お肌の水分と反応して水和熱が発生します。

そのため、じんわりとあったかく感じるんですね。


ユンスの生ビタミンC*1美白*2美容液は医薬部外品(薬用)なので、ビタミンC(アスコルビン酸)濃度は3%~5%くらい。

そこまで高くないはずですが

  • 敏感肌・乾燥肌の人
  • 肌荒れがある人
  • ビタミンCが苦手な肌質の人

など、肌の状態や肌質によってもピリピリ感じやすくなると思います。

もちっこ

角質ケア後の使用や、高濃度ピーリング成分との併用は避けた方がいいかも

塗ったあとにじんわりあったかくなるだけではなく

  • ピリピリしてかゆい
  • お肌にしみて痛い
  • 使用後に肌荒れしてしまった

という場合はお肌に合わない可能性があるので、残念ですが使用を中断するのがおすすめです

敏感肌だけど「どうしてもビタミンCを取り入れたい」という場合には

  • 油溶性ビタミンC誘導体(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)
  • 両親媒性ビタミンC誘導体(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  • アスコルビン酸グリセリルシリーズ

などのビタミンC誘導体だと、比較的マイルドな使い心地なので使える可能性が高いです。(濃度は低めからが◎)

プロピレングリコールで刺激を感じている可能性

ピリピリしてしまうもう一つの可能性は、プロピレングリコール

プロピレングリコールは、化粧品の成分表ではPGと表示されている成分です。

ユンスのビタミンC美容液では、光や酸素、水などに弱いピュアビタミンC(アスコルビン酸)の安定性を高めるために、プロピレングリコールに溶かしていると考えられます

もちっこ

ビタミンC(アスコルビン酸)は水と一緒に配合すると分解しやすいので、水を入れずに「アスコルビン酸・プロピレングリコール」だけの処方になっています

プロピレングリコール(PG)
  • 保湿剤や防腐補助、溶剤として配合される
  • 旧表示指定成分で、合わないとかぶれてしまう可能性がある

ビタミンC濃度が3%~5%だとすると、それ以外はすべてプロピレングリコールということに。

そうなるとやっぱりプロピレングリコールによる刺激が出る人がいてもおかしくないのでは…?と思います。

なのでビタミンC(アスコルビン酸)ではなくプロピレングリコールでピリピリしている、という可能性もありますね。

もちっこ

心配な時はパッチテストをしてから使ってみてくださいね


アスコルビン酸はすぐに酸化してしまうので、安定して製品化するのがとても難しい成分。

それを「医薬部外品(薬用)の美白*有効成分として配合している」、というのはかなりすごいことなんですよね。(著者は他に2アイテムくらいしか知らない)

お肌に合う人にとっては

フレッシュなビタミンC(アスコルビン酸)を持ち運べて、使いたい時にすぐ使える

レアな商品だと思います。

*メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

ユンス(Yunth)ビタミンC美容液を実際の使用感

ユンスのビタミンC美容液のパウチを拡大して撮影した写真

個包装パウチの使いやすさがすごい

ユンスビタミンC美容液を実際に使ってみました。

もちっこ

ピンクのツヤ感あるデザインが可愛くてテンションが上がります

まず良かったポイントは

個包装パウチの使いやすさ

です。

「美容液の蓋を開けて、手のひらに取り出す」というちょっとした動作がないだけで快適なんだな…と。(容器の蓋がべたべたになったりしない所も◎。)

うまい具合に切り込みが入っているので開けやすく、こぼれることなく美容液を取り出せます。

ユンスのビタミンC美容液パウチの切り込みを説明した写真

中身の前に、個包装の使いやすさに感動しました。

つけるとじんわりあったかい

ユンスのビタミンC美容液を2週間ほど使ってみたので、使い心地をまとめてみました。

もちっこ

著者の肌質は生理前にオイリーになってこもりニキビができる乾燥肌です

  • 1包の美容液の量がかなり多めで、顔だけでなく首や腕にも使える
  • なめらかなオイルのような使い心地
  • 鉄のような独特の匂い
  • つけた瞬間じんわりあったかい
  • つけてから2、3分軽くピリピリ
  • 塗ってからしばらくはべたつきありだけど、30分くらいでなじむ
  • ツヤツヤの仕上がり

美容液の量がかなり多めで、贅沢に使えます。

顔だけに使うなら2、3回分くらいありそう

ビタミンC(アスコルビン酸)は酸化しやすいので、「朝使って夜使う」みたいに取っておけないのが少し残念ですね。

Yunth公式でも推奨されていなかったので、余った分は首やデコルテに伸ばしました。

なんで、個包装なの?30秒過ぎたら使えないですか?

新鮮な状態で、かつ衛生的にお使いいただけるよう、個包装にしております。開封後はお早めにお使いください。
※開封後30秒を過ぎてご使用いただいても品質に問題ありませんが、朝晩に分けるなどはおすすめしておりません。

Yunth公式オンラインショップ よくあるご質問より抜粋

塗ってからしばらくは軽くピリピリしたので、やっぱり敏感肌の人にとってはちょっと強いかも…?という感じ。

著者はとくに肌荒れや赤みなどは出ずに使えました

さらっとしたオイルに近く、しっとりツヤッツヤの仕上がりです。

ユンスのビタミンC美容液を手の甲に塗り伸ばした写真
もちっこ

気合をいれたい日の前日に使うのはありかも

塗った後にちょっとべたつくので、朝はメイク直前に使うとヨレやすかったです。

  • メイク20~30分前くらいに塗って、なじんだ後にメイク
  • 夜の使用

がおすすめです。

ユンス(Yunth)のビタミンC美容液はグリセリンフリー

ユンス(Yunth)のビタミンC美容液は、全成分が

  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • プロピレングリコール

だけなので、グリセリンフリーです。

気軽に持ち運べるビタミンC美容液として、お肌に合う人は活用してみてくださいね。

まとめ

まとめ
  • ユンス(Yunth)のビタミンC美容液のビタミンCはアスコルビン酸なのでピリピリしやすい
  • プロピレングリコールでピリピリ感じている可能性もあり
  • 個包装パウチ&グリセリンフリーなので、お肌に合う人は気軽に持ち運べるスキンケアとして活用できそう

※当記事の内容は個人の見解であり、効果を保証するものではありません

よかったらシェアしてくださいね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◇ゆるグリセリンフリー歴2年
◆元アトピー・乾燥肌
◆自分の肌でスキンケアを試しながらもち肌の探求を続ける

・日本化粧品検定 1級
・化粧品成分上級スペシャリスト
・薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 109(78)

タップできる目次