MENU
もちっこ
もち肌を目指す30代女
◇ゆるグリセリンフリー歴2年ちょっと
◇就活の時期にたまたま受けた肌診断で、二度見されるほどひどい数値を叩き出す
◆グリセリンフリーに出会い肌トラブルが改善
◇ゆるグリセリンフリーをしながらもち肌の探求を続けている

・日本化粧品検定 1級
・化粧品成分上級スペシャリスト
・薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 109(78)

トゥヴェールのグリセリンフリースキンケアまとめ

「トゥヴェールのグリセリンフリースキンケアまとめ」記事のアイキャッチ

セール情報

  • 楽天市場 お買い物マラソン【5/23木)20:00~5/27(月)1:59】
  • 【予告】Amazon スマイルSALE 【5/31(金)9:00~6/3(月)23:59】

※当ブログの記事は広告、PRを含みます

トゥヴェールはビタミンCを中心に、セラミド・レチノールなどの原料にこだわった化粧品を作っているブランド。

販売方法を通販に限定しているので、濃密で贅沢な美容成分なのにお求めやすい価格が特徴です。

そんなトゥヴェール、グリセリンフリー製品をいくつか発売しているのですが、容器が似ていたりセラミド製品が複数あったりして間違えそうかも…?となったので、

今回の記事ではトゥヴェールのグリセリンフリースキンケアをまとめてみました

トゥヴェールのスキンケアは大きく分けると

  • 原液 ➡ 薄めて使うタイプ
  • パウダー ➡ 手作り化粧水や水に加えて使うタイプ
  • そのままお肌に使えるタイプ

の3種類あって、原液とパウダーはグリセリンフリーだったので、当記事では

そのままお肌に使えるタイプのグリセリンフリースキンケア

をご紹介しています。

もちっこ

当記事のグリセリンフリーは、グリセリンと濃グリセリンを使用していないものが基準です。

ページ右下の「目次を表示」をタップで記事の途中でも目次に飛べますと書かれた画像(PC用)
ページ右下の「目次を表示」をタップで記事の途中でも目次に飛べますと書かれた画像(スマートフォン用)
タップできる目次

トゥヴェールのグリセリンフリークレンジング

マイルドクレンジングオイル

全成分はこちら(タップで開く)

オリーブ種子油(植物油、メイク溶解)、カプリリルメチコン(揮発性シリコーン、メイク溶解)、カプリリルグリコール(多価アルコール、防腐)、アロエベラ葉エキス(植物エキス、保湿)、冬虫夏草エキス(植物エキス、保湿)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体、保湿)、トコフェロール(ビタミンE、抗酸化)、レモン油(精油、香料)、レモン果皮油(精油、香料)エタノール(エキス溶解)、水

ポイント
  • オイルベースのシンプルなクレンジングオイル
  • 界面活性剤フリーで敏感肌のために肌への優しさを追求
  • レモンの香りで癒されながらクレンジング

トゥヴェールのクレンジングのなかで、唯一グリセリンフリーだったのがこちらのクレンジングオイル。

界面活性剤が入っていないため、通常のクレンジングオイルのように「乳化して洗い流すことができない」タイプのクレンジングです

なので、

  • オイルをメイクになじませてティッシュなどでふきとる
  • オイルをメイクになじませたあと、洗顔料で洗い流す

どちらかの使い方でクレンジングします。

界面活性剤フリーなので使い心地は優しい反面、メイク落ちは控えめ

日焼け止め+パウダーなどの薄めのメイクに向いていると思います。

トゥヴェールのグリセリンフリー化粧水

スキンピーリングローション

全成分はこちら(タップで開く)

水、BG(保湿剤)、乳酸(ピーリング)、グリコール酸(ピーリング)、水酸化Na(pH調整剤)、メチルパラベン(防腐剤)、ベタイン(保湿)、PCA-Na(保湿)、ソルビトール(保湿)、オタネニンジン根エキス(保湿)、セリン(保湿)、マヨラナ葉エキス(保湿)、グリシン(保湿)、グルタミン酸(保湿)、ワイルドタイムエキス(保湿)、アラニン(保湿)、リシン(保湿)、アルギニン(保湿)、クズ根エキス(保湿)、トレオニン(保湿)、アロエベラ葉エキス(保湿)、クロレラエキス(保湿)、プロリン(保湿)

ポイント
  • Wフルーツ酸*1を8.5%配合
  • 標準タイプとピーリング力高めタイプの2種類から選べる
  • たまった角質をやさしくオフ

*1 グリコール酸、乳酸(整肌)

トゥヴェールのスキンピーリングローションは角質ケア用のプレ化粧水で、ピーリングによく使われるAHA(フルーツ酸)の1種の乳酸とグリコール酸が配合されています

乳酸
  • 分子量が大きいため、比較的お肌の表面にはたらく
  • グリコール酸に比べると使い心地がマイルド
グリコール酸
  • 分子量が小さいため、お肌*1に浸透しやすい
  • ピリピリ感を感じることがある

*1 角質層まで

乳酸とグリコール酸をダブルで配合することで、お肌の角質をしっかりと除去してくれます。

標準タイプとピーリング力高めタイプの異なる点はpH。

  • 標準タイプ:pH4.0
  • ピーリング力高めタイプ:pH3.2

で、ピーリング力高めタイプの方がより酸性で、角質を除去する力も強くなっています。

pHを説明する画像
もちっこ

そのためピーリング力高めタイプは、敏感肌の人にはお使いいただけませんとなっていました

ピーリング成分はお肌をつるんとなめらかにしてくれる反面、やりすぎるとお肌にダメージをあたえてしまう可能性もあるなかなか難しい成分。

毎日は避けて、たまーに使う程度がおすすめです。

バランシングGAローション

全成分はこちら(タップで開く)

水、グリシルグリシン、BG、アゼロイルジグリシンK、1,2ーヘキサンジオール、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、PCAーNa、乳酸Na、PCA、セリン、アラニン、グリシン、グルタミン酸、リシンHCl、トレオニン、アルギニン、プロリン、ベタイン、トレハロース、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス、キハダ樹皮エキス、ペンチレングリコール、カプリリルグリコール、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール

ポイント
  • グリシルグリシン*16%が肌荒れ予防&肌を引き締め毛穴を目立ちにくく
  • アゼライン酸誘導体*2も2%配合
  • 皮脂バランスを整えべたつきの気にならないお肌に

*1整肌成分 *2 アゼロイルジグリシンK(整肌成分)

今回ご紹介するトゥヴェールのグリセリンフリースキンケアの中で、一押しなのがこちらのバランシングGAローション。

グリシルグリシンとアゼライン酸誘導体が配合されたプレ化粧水です!

アゼライン酸誘導体は「アゼロイルジグリシンK」という名前で、最近話題の皮脂ケア成分アゼライン酸を、

  • 水に溶けやすく改良
  • 保湿効果がプラスされて優しい使い心地

にしたもの。

それによって水ベースの化粧水にも配合しやすくなり、オイルが苦手な人でも使えるようになりました。

配合されたフルーツ由来成分*3によって次に使うスキンケアの浸透*4を促すはたらきも期待できるので、洗顔後に使うお肌の土台*5を整える化粧水として使えます

もちっこ

グリシルグリシンはイオン導入にも使える成分

たとえば、メイク後お肌が油田になりやすい人や、オイリーなスキンケアを使うと肌荒れしやすい人などにおすすめです。

*3 ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴ果実エキス(整肌) *4 角質層まで *5 お手入れでお肌を整えること

トゥヴェールのグリセリンフリー乳液

ナノエマルジョンディープ・ナノエマルジョンプラス

ナノエマルジョンディープの全成分はこちら(タップで開く)

水、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、BG、ジグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、ポリグリセリン-3、ペンチレングリコール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、フィトステロールズ、エクトイン、メドウフォーム種子油、グリコーゲン、異性化糖、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、バリン、トレオニン、プロリン、フェニルアラニン、グルタミン酸、ロイシン、グリシン、イソロイシン、トコフェリルリン酸Na、カンゾウ葉エキス、ブドウ果実エキス、スイゼンジノリ細胞外多糖体、ポリクオタニウム-51、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、ツボクサエキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、アラントイン、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、ラベンダー油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、トコフェロール、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

ナノエマルジョンプラスの全成分はこちら(タップで開く)

水、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジグリセリン、BG、DPG、プロパンジオール、ペンチレングリコール、セチルヒドロキシプロリンパルミタミド、セラミド3、オリザノール、トコフェリルリン酸Na、アルギニン、PCA-Na、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、乳酸Na、異性化糖、ポリクオタニウム-51、サガラメエキス、ブドウ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、フィチン酸、水添ホスファチジルコリン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ジメチコン、フェノキシエタノール、酸化銀

ポイント
  • 保湿成分セラミド高配合でインナードライ*1が気になる肌に
  • 3種類から選べる(グリセリンフリーは2種類)
  • さらさらなのにしっとり保湿できる乳液

*1 角層内の乾燥

トゥヴェールのナノエマルジョンはセラミドが配合されたインナードライ対策の乳液で、3種類あります。

  • ナノエマルジョン
  • ナノエマルジョンディープ
  • ナノエマルジョンプラス

ナノエマルジョンはグリセリン配合で、

ナノエマルジョンディープとナノエマルジョンプラスがグリセリンフリー

です。(※ジグリセリンは入ってます)

ナノエマルジョンディープとナノエマルジョンプラスについては、かなり違いがあったので表にしてみました。

ナノエマルジョンディープナノエマルジョンプラス
セラミドの種類浸透*2湿潤セラミド*312%(セラミド類似成分)
7種のセラミド*4
天然醤油粕セラミド*5
浸透*2湿潤セラミド*38%(セラミド類似成分)
ベースセラミド*72%
ヒト型セラミド3*8
使われている技術の違い浸透湿潤セラミドを何層ものリン脂質で包んでいるナノカプセル浸透湿潤セラミドをベースセラミドで包んでいる独自のナノ乳化技術
肌質インナードライ*6
乾燥肌
インナードライ*6
乾燥肌
敏感肌

*2 角層まで *3 ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(保護) *4 セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP(保護)*5 セラミドAP、NP(保護)*6 角層内の乾燥 *7 セチルヒドロキシプロリンパルミタミド(保護)*8 整肌

つまりどういうことかというと、

  • ディープ ➡ 配合されたセラミドの種類が多い&ナノカプセル採用で、より保湿力と浸透力*に優れる
  • プラス ➡ セラミド自身でナノ乳化するトゥヴェール独自の技術により、使い心地が優しく肌なじみがいいので、敏感肌でも使いやすい

* 角層まで

という感じかなと思います。

もちっこ

どちらも口コミはいいのですが、著者はかなり乾燥肌なのでディープを使っています

トゥヴェールのナノエマルジョンディープをプラスチック板の上に出した写真
トゥヴェールのナノエマルジョンディープを手の甲に塗って、塗った方を塗っていない方を比較している写真

そのほかの大きな違いとしては、ナノエマルジョンディープはラベンダー油やニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム油)などの精油が配合されています。

精油の香りが苦手な方やお肌に合わない方は避けた方がいいかもしれません

トゥヴェールのグリセリンフリーオイル

VCH-100

全成分はこちら(タップで開く)

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ポイント
  • 油溶性ビタミンC誘導体*1100%
  • 乾燥肌・敏感肌でも使いやすいビタミンC誘導体
  • 防腐剤無添加

*1 製品の抗酸化剤

VCH-100は、油溶性ビタミンC誘導体100%の美容オイルです。

油溶性ビタミンC誘導体とは?
  • 肌なじみがよく、じっくりお肌に届くタイプのビタミンC誘導体
  • 保湿力があるので乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすく使い心地が優しい

使う量は1、2滴で充分で、クリームやジェルなどに混ぜても使えます。

40mlで11ヶ月分というコスパの良さも魅力。

もちっこ

お試し用にハーフサイズがあれば嬉しいかも

デメリットとしては、開封後は冷蔵保存が必要なのと、油溶性なので結構べたつきがあります。

直で塗るよりは、クリームなどに混ぜて使うのがおすすめです。

ディープトリートメントオイル

全成分はこちら(タップで開く)

【70%タイプ】ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スクワラン
【100%タイプ】ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)※、 トコフェロール
※:配合量99.99%

ポイント
  • 植物性セラミド類似成分*1100%/70%
  • 唇や髪にもOK
  • シンプルなのにうるおう乾燥肌対策

*1  ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(保護)

トゥヴェールのディープトリートメントオイルは2タイプあって、

  • 70%タイプ ➡ 植物性セラミド類似成分70%+サトウキビ由来スクワラン
  • 100%タイプ ➡ 植物性セラミド類似成分99.99%+トコフェロール

といった成分構成。

100%はこってり重めのテクスチャ、70%はさらっとしたオイルのスクワランが入っているので、テクスチャが軽くより使いやすくなっています。

植物性セラミド類似成分は、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)という疑似セラミドです。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)とは?
  • 疑似セラミドと呼ばれる成分のひとつ
  • 角質層内でお肌のうるおいを守っているセラミドと類似の構造を持っている
  • バリア機能をサポートしてお肌のうるおいを守ってくれる

同トゥヴェールのナノエマルジョンと違う点は、こちらのディープトリートメントオイルは

  • 成分がシンプルなので、合わない成分が多めの人でも試しやすい
  • 一回に数滴でいいので長持ち
  • オイル状でテカテカになりやすい ➡ 夜推奨

という感じ。

SNSでは両方使っている方もいらっしゃいました!

オーガニックアルガンオイル

全成分はこちら(タップで開く)

アルガニアスピノサ核油 100%

ポイント
  • アルガニアスピノサ核油100%のオイル
  • ビタミンEを豊富に含む
  • 全身に使える

100mlでこのお値段はかなりお得な、オーガニックのアルガンオイル。

ビタミンEやオレイン酸を豊富に含んでいて、お肌の角質を柔らかく整え、ツヤ感をあたえてくれます。

ただグリセリンフリー的には、アルガンオイルは油脂というオイルの種類なので、お肌の常在菌によって分解されると脂肪酸とグリセリンを生じます。

肌質によっては控えた方がよい場合も。

もちっこ

グリセリンはもともとお肌にもある成分なので、塗りすぎなければ大丈夫な人もいると思います

  • 髪の毛先に塗る
  • ひじやかかとの角質を柔らかくする
  • ネイルオイル代わり

といった使い方はとてもおすすめです。

トゥヴェールのグリセリンフリージェル・クリーム

アクアナノライズジェルⅢ

全成分はこちら(タップで開く)

水、BG、ジメチルイソソルバイド、メチルグルセス-10、ジグリセリン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、DPG、トリエチルヘキサノイン、レチノイン酸ヒドロキシピナコロン、カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、水添レシチン、パルミチン酸レチノール、レチノイン酸トコフェリル、コーン油、PEG-10フィトステロール、フィトステロールズ、コレステロール、フィトスフィンゴシン、リンゴ酸ジイソステアリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリベヘニン、プロパンジオール、マンニトール、ソルビトール、ベタイン、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、ヘマトコッカスプルビアリス油、グルコシルナリンギン、ナリンギン、ビオチン、酢酸N-プロリルパルミトイルトリペプチド-56、ヘキサペプチド-9、アセチルテトラペプチド-11、パルミトイルヘキサペプチド-12、カンゾウ根エキス、チオクト酸、白金、スイゼンジノリ細胞外多糖体、ポリクオタニウム-51、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム、安息香酸アルキル(C12-15)、PEG-60水添ヒマシ油、ラウロイルラクチレートNa、ポリソルベート80、トコフェロール、BHT、アスコルビン酸Na、4-t-ブチルシクロヘキサノール、ビサボロール、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸ステアリル、フラーレン、ペンチレングリコール、カプリリルグリコール、水酸化K、EDTA-2Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール

ポイント
  • グラナクティブレチノイド*14.5%+レチノイン酸トコフェリル*2+パルミチン酸レチノール*3のレチノールケアジェル
  • ピュアレチノールが入っていないのでA反応が起こりにくく、レチノール初心者にも◎
  • 4種のペプチド成分*4も配合でハリに多角的にアプローチ

*1 レチノイン酸ヒドロキシピナコロン(整肌)※グラント社製 *2 整肌 *3 整肌 *4 酢酸N-プロリルパルミトイルトリペプチド-56、ヘキサペプチド-9、アセチルテトラペプチド-11、パルミトイルヘキサペプチド-12(整肌)

3種類のレチノールケア成分が配合されたレチノールジェルです。

もちっこ

トゥヴェールのレチノールで有名なのはレチノショット0.1だと思うのですが、そちらはグリセリン配合でした

A反応や刺激の起きやすいピュアレチノールが入っていないので、比較的優しめの使い心地になっています。

そのほかの成分としては、

  • お肌にもちっとハリをあたえるペプチド成分*4
  • 5種のヒト型セラミド*5
  • 肌荒れを予防するビサボロール・グリチルリチン酸2K・グリチルレチン酸ステアリル

も配合されていて、レチノールとペプチドで多角的にお肌のハリにアプローチしつつ、レチノールの刺激にも配慮した成分処方となっています。

口コミを見ていたところ、使い始めにカサつきや皮むけが起きたという人もいたので、絶対にA反応が起こらないわけではないです。(※敏感肌の方はとくに注意)

*5 セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ(保護)

薬用リンクルホワイトクリーム

全成分はこちら(タップで開く)

有効成分:ナイアシンアミド、トラネキサム酸
その他の成分:精製水、BG、シュガースクワラン、メドウフォーム油、DPG、親油型モノステアリン酸グリセリル、2-エチルヘキサン酸セチル、脂肪酸ジペンタエリスリチル-1、水添大豆リン脂質、フィトステロール、ステアリルアルコール、ビタミンEリン酸Na、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、リン酸アスコルビルMg、ビタミンE、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、ビオチン、ヒメフウロエキス、ニーム葉エキス、イネ出穂前葉抽出加水分解物、水溶性ツボクサエキス、ビルベリー葉エキス、サクラ葉抽出液、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液、エクトイン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ビサボロール、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、水溶性コラーゲン液(魚起源)、カルボキシビニルポリマー、ミツロウ、ジメチコン、グリセリンエチルヘキシルエーテル、モノオレイン酸ポリグリセリル、モノステアリン酸ポリグリセリル、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、水酸化ナトリウム、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール

ポイント
  • トゥヴェール史上初の、薬用「シワ改善」クリーム
  • シワ改善・美白*1のW有効成分ナイアシンアミド
  • 肌荒れ防止*2有効成分トラネキサム酸

2023年5月にリニューアルしたトゥヴェールの薬用リンクルホワイトクリーム。

有効成分トラネキサム酸が追加され、シワ改善・美白・肌荒れ防止の3つの効能をもつクリームになりました。

もちっこ

べたつきを抑えてあるので、首やデコルテへの使用も◎。

パッチテスト済*3で、レチノールのように刺激が起きる懸念が比較的少ないので

  • 毎日使える
  • ナイアシンアミドとトラネキサム酸なので朝使える
  • 目元などのデリケートな部分にもしっかり塗れる

といったメリットがあります。

気軽にデイリーにエイジングケア*4したい!という方にも使いやすいクリームです。

*1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ *2 肌荒れ予防 *3 すべての人に刺激が起こらないわけではありません *4 年齢に応じたお手入れのこと


※当記事の内容は個人の見解であり、効果を保証するものではありません

よかったらシェアしてくださいね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

◇ゆるグリセリンフリー歴2年
◆元アトピー・乾燥肌
◆自分の肌でスキンケアを試しながらもち肌の探求を続ける

・日本化粧品検定 1級
・化粧品成分上級スペシャリスト
・薬機法医療法広告遵守 個人認証 YMAA認証マーク 109(78)

タップできる目次